HOME>

募集情報

>「ダイバーシティ人材 適材適所推進体感型ワークショップセミナー」参加者募集(2/20まで)

「ダイバーシティ人材 適材適所推進体感型ワークショップセミナー」参加者募集(2/20まで)

「ダイバーシティ人材 適材適所推進体感型ワークショップセミナー」開催のご案内

 

 足下の人手不足は業種を問わず深刻化しており、特に中堅・中小企業にとっては経営上の大きな問題です。

 人手不足解消に向けて、この現状を経営変革・成長のための機会と捉えなおし、女性、外国人、高齢者等の多様な人材に視野を広げ、一人一人の多様な能力を最大限発揮させる適材適所(ダイバーシティ経営)の推進が不可欠です。

 女性活躍・ダイバーシティ経営の言葉や意義は一定程浸透してきましたが、CSRではなく経営上の効果を上げるための取組手法については、具体的な内容を学びたいというご意見から、経済産業省にて、人手不足解消のためのダイバーシティ経営の有効性や、具体的な実践手法を習得していただくことを目的として、本セミナーが開催されます。

 

日 時

 平成30年2月26日(月) 14:00~16:00(受付開始時間13:45)

会 場

 経済産業省・本館 地下2階 講堂(千代田町霞ヶ関1-3-1)

対 象

 企業経営者、人事・採用担当者、地域内の中堅・中小企業に対して人手不足対応をアドバイスされたい金融機関・自治体関係者など。

定 員

 50名

参加費用

 無料

申込締切

 平成30年2月20日(火)

内 容

 「ダイバーシティ経営企業100選」事例の5年間の蓄積より、人手不足の解消法&人材の活用方法を習得し、自社の発展、地域経済の発展につなげるワークショップセミナーです。

 ・架空の人物像を用いて自分自身に対する捉え方を認識!

 ・意見交換を通じて、他人の人材に対する捉え方を体感する!

 ・グループでの意見交換を通じて、人材の適材適所を実践へ!

 

 ワークショップの概要

  1 例題企業を参考に、人材戦略を立案する

    架空の人物カードを用いて、採用する人材を考えるプロセスを通じて、自分自身の腎倍に対するとらえ方を認識しよう。

  2 人材に対する捉え方を広げる

    グループでの意見交換を通じて、他人の人材に対する捉え方を体感し、新しい視点を取り入れよう。

  3 人材の適材適所を体感する

    実際の企業の取り組み事例を参考に、活躍する「場」の整備により経営課題の解決につなげてみよう。

  4 身の回りにある環境で考える

    新たに気づきをもって、自分が所属している企業やクライアントの立場でアウトプットしてみよう。

 

※事業の詳細、申込方法はこちらから(関東経済産業局HP)

  http://www.kanto.meti.go.jp/seisaku/humanresources/20180226divercity_workshop_seminar.html

URL http://www.kanto.meti.go.jp/seisaku/humanresources/20180226divercity_workshop_seminar.html
問い合わせ先

経済産業省 経済産業政策局 経済社会政策室

TEL:03-3501-0650