HOME>

GUNMA 企業 NOW

>株式会社古川製作所


株式会社古川製作所 (カブシキガイシャフルカワセイサクジョ)

分野 : 生産用機械器具製造業

産業用ロボットシステムインテグレータ



 御社の事業内容・特徴について教えてください。

 産業用ロボットを用いた自動車部品生産システムの設計・製作・販売を行っています。
 3D CADを基幹ツールとした生産システムの検討・設計から、部品加工・組立・トライ・納入までの「一貫した製作体制」、後工程での不具合の発生を未然に防止する為に、Faroやレイアウトマシンを用いた三次元測定の実施を必須とした「徹底した品質保証」、トライアル工場にて実際のレイアウトでの生産を実現し、納得がいくまでトライできる「使う立場のものづくり」の3つのこだわりを持っています。


三次元測定器



 「使う立場のものづくり」のために御社が有しているトライアル工場について教えて下さい。

 当社のトライアル工場では、広大なスペースを活かし、他社では実現が難しい量産時と同様のレイアウトで試作することが可能です。その為、作業性やラインタクトを実証でき、生産工場の立ち上げ工期の短縮や生産開始時のリスク回避に貢献します。トライアル工場を3拠点(本社工場・新田工場・新田第2工場)擁していることで、物理的に「機密の壁」を作ることができ、確実にお客様の技術を守っています。
 また、全世界に対応したトライアル用電源(380V~460V)を備えており、ワンタッチで4種類の電圧を変えることが可能です。


自社トライアル工場



 事業及び事業外(会社活性化などのために行っているイベントや行事など)でPRしたいことがありますか?

 社員の40%以上が海外出張の経験があり、国内外からの視察や見学も多く、現在は高品質の製品をアメリカ・イギリス・中国・ロシア・東南アジア・中南米など、世界11か国に送り出しています。
 また、社内の活性化については、社員会を中心にスポーツ大会や納涼祭、社員旅行などを実施しています。スポーツ大会は近くの公園や体育館を借りて隔月開催し、球技を中心にみんなで汗をかき、良いコミュニケーションの場になっています。


取引は世界11か国に展開



 人材育成についての考え方を教えてください。

 「古川製作所で働く社員は皆、礼儀正しく自主的に動いている。」お客様からそんなお褒めの言葉をよくいただきます。当社の社員はすべての部署(総務・営業~製造部門)の一人一人がお客様とタイアップしながら仕事を進めていきます。技術や品質はもちろん大事ですが、一番重要なことは、社員の人格、品格、人間性だと考えています。
 <お客様から、人として信頼され、仕事を任せていただけるか>、その為の人づくり・職場環境づくりを徹底しています。


社内研修の様子


企業情報

株式会社古川製作所(カブシキガイシャフルカワセイサクジョ)

●所在地 群馬県太田市西新町126-3

●本社所在地 群馬県太田市西新町126-3

●電話 0276-31-1201 / FAX 0276-31-1139

●代表者 代表取締役社長 古川 大嗣

●海外拠点(国名) -

●e-mail furu1940@furu1940.co.jp

●URL http://www.furu1940.co.jp/

株式会社古川製作所ホームページ