HOME>

GUNMA 企業 NOW

>ART-HIKARI株式会社


ART-HIKARI株式会社 (アートヒカリカブシキガイシャ)

分野 : 一般機器 産業機械

抵抗溶接機の設計製作



 御社の技術・特長は何ですか?

重ね合わせた2枚の板を上下の電極で挟み、大電流を流すことで、一瞬で接合する方法を抵抗溶接といいます。弊社は長年に渡り、この抵抗溶接機の製造販売を行ってまいりました。今回、抵抗溶接の基本となる3大要素(電流・通電時間・加圧力)を一から見直し、独自の技術開発を行うことで、従来にない抵抗溶接機を開発しました。
スポット溶接機では、通常2KN程度の加圧力が必要なところ、人が手で押える程度の0.05KN程度の加圧力で溶接が可能です。
シーム溶接機では、従来、2M/分程度の溶接スピードのものを、板組にもよりますが、最大20M/分にすることを可能にしました。


ロボット搭載型シーム溶接機



 主力製品について教えてください。

①片面からの低加圧でのスポット溶接を可能にした溶接機。
上記で述べたように、手で軽く触る程度でも溶接が可能で、小型ロボットに搭載もできます。
②溶接中に加圧力を制御(変化させる)する加圧コントロール機能付きスポット溶接機。
複数枚のスポット溶接が可能であり、タクトタイムの短縮(一例として、従来の60%に短縮)と省電力を実現しました。
③薄板から厚板まで、可能にしたシーム溶接機。
小型軽量で、ロボット搭載も可能であり、スピードも従来の10倍近い高能力な溶接機です。


低加圧片面スポット溶接機



 御社の商品を試用することはできるのですか?

弊社の商品は、従来品とは大きく異なるものですので、実際に使ってみていただかないと、お客様には納得していただけません。その為、本社には様々なデモ機を揃えており、いつでもデモ・実験が可能なようにしております。また、年に一度はプライベートショーを企画しており、展示会を開催することで新しい技術の紹介も行っております。


展示会風景



 人材育成の基本的な考えを教えてください。

お客様が抱えている問題に対して、一緒にその問題を解決していく姿勢が何より大事だと考えております。過去の経験・技術で判断しても進歩がないため、最新の技術を確認しながら一緒にチャレンジしていくことを指導しています。


テスト風景



 今後の展望はどのように考えていますか?

弊社は、「資源に恵まれない日本が、唯一持つ「ものづくり」という資源を大切にしながら、世界に挑む企業に対し他にはない最先端の技術を供給していく技術メーカーになる」ことを目標にしています。企業のニーズに応えることはもとより、新技術の紹介等により、企業の利益増、ひいては日本国の発展に寄与したいと考えております。


サーボ加圧定置スポット溶接機


企業情報

ART-HIKARI株式会社(アートヒカリカブシキガイシャ)

●所在地 〒374-0054 群馬県館林市大谷町2918番地

●本社所在地 〒374-0054 群馬県館林市大谷町2918番地

●電話 0276-71-1180 / FAX 0276-71-1182

●代表者 古川 一敏

●海外拠点(国名) -

●e-mail nakajima@art-hikari.co.jp

●URL http://www.art-hikari.co.jp

ART-HIKARI株式会社ホームページ